2011/10/25

qemu ゆるふわリスト

qemu-kvmがいまだにゆるふわな作りなので、遭遇した問題を書いておく。

pci_delの入力値

v0.12.3 で遭遇。

qemu monitor shell(qemu shell)で、pci_add によるPCI device hotplugを行う。成功時には、以下のような内容になる。

(qemu) pci_add xxx .....
OK domain 0, bus 0, slot 4, function 0

戻り値として表示されているPCIのdevice addressはdecimal。例えば、17番目のslotにdeviceが挿入されるとすると、

(qemu) pci_add xxx .....
OK domain 0, bus 0, slot 17, function 0

になる。

問題は、pci表示系の出力は全部decimalになっているのに、pci_add/pci_delの変更系のコマンドに対してはhexで入力しないといけないこと。

-no-shutdown 問題(UNIX signal問題含む)

v0.14.0で確認。

-no-shutdown を入れると、guestからshutdownしてもqemuプロセスが死なないとmanには書いてあるが、2度目にqemuプロセスが死んでしまう。 または、UNIX signalを送っても終了しなくなる。

原因は、no_shutdownグローバル変数一個だけで制御を行おうとしていること。v0.15.0かそれを超えた辺りで、この問題の修正を見つけたので、v0.16.0が出れば修正されているはず。


Comments: コメントを投稿



<< Home

This page is powered by Blogger. Isn't yours?